厳父慈母

母親のほうが真剣なのです。仕事の関係もありましょうが、小中学校のPTAの会合に出席するのは、九十九パーセントまで母親にきまっています。ですから、母親が子供の教育について、こういうふうに自負するのは、あたりまえの話なのです。ところが子供がだんだん大きくなって思春期に達するやいなや、母親ははじめて、父親もまた子供の教育について責任を負うべきだということを、あらためて反省するようです。つまり、思春期に達し、子供がもはやだんだん母親のいうことをきかなくなるからです。もし、いま申しあげたようなことが、普通のぱあいだとすれば、私は、あな、たがたにこうした母親のあり方を、根本的に反省してもらいたいのです。子供の教育について心配のないときには、夫になにひとつ相談せず、心配なことが起ってから夫に相談するというのでは、夫だって進んで妻の相談相手にはならないでしょう。理想的にいえば、赤ちゃんのときから、どんなことにでも夫の意見をきいてみるというふうになさるのがほんとうだったのです。それでしたら、夫も、いつの間にか子供のよい教育者になっているはずです。日本では昔から厳父慈母という言葉があります。平たくいえば、子供を可愛がるのは母の役目、つまり、夫をよい教育者につくるということは、夫をききめのある叱責者に仕立てあげることではないのです。けれども、この世にこういう母親がどんなに多いことでしょうか。「あなたからも少しいっていただかなくちゃl」、妻は、しばしば夫にこう訴えるものです。会話の中からその人の性格や望みなどを見つけられれば、ここ→で出会った人は自分にとってどんな人なのか、わかりそうですね。

FF030_L

結婚後の出産

もちろん、よくはありません。第一に、そうでなくてさえ人口過剰で苦しんでいる日本の現状から。第二に、母親自身のために。第三に、つぎつぎと生まれてくる子供自身のために。医者のいうところによれば、健康なひとりの女性がその一生のうちに生むことのできる子供の数は二十人から二十五人までとされています。もしあなた方にじゅうぶんの健康があり、あなた方にじゅうぶんの経済能力があり、そしてさらにあなた方に子供はいくらいても多すぎるものじゃないという考えがあるとすれば、二十人から二十五人の子供を生むことができるわけです。そういうぱあい、あなた方は喜んで二十人以上の子供の母親となりますか?「じようだんじゃないわ!」あなた方はきっとこういわれるにきまっています。五人でも多いと思っているのに、二十人もいたとしたらどうなりましょう。¥ハカバカしいことをきくもんじゃない!確かに、そのとおりなのです。二十人の子供を生み、かつ育てる能力なんて、あなた方にはあり得ないのです。いいかえれば、ただたんに、子供を生むことができるというあなた方女性の生理的能力と、その子供をじゅうぶんな母性愛をもって育てることができるという能力とは別ものなのです。生むということは、育てるということではないのです。何人もの子供を生めるということと、その生んだ子供に対してよき母親であり得るということとは、ぜんぜん別のことなのです。あなたはここで→結婚相談所 選び方 出会った人に対して、自分の理想を演じずに本当の自分をぶっちゃけられますか?

FF013_L

結婚と育児

人間の子供は、魚の子供たちとはちがって、育てるのに手数がかかりすぎます。生れてすぐひとりで生活できないのが人間の子供たちなのです。こんなわかりきったことをいまさら書き立てたのはほかでもありません。もしあなた方に二十人以上の子供を生める力があり、しかも二十人なんて育てる力がとてもないものとすれば、けつきよく、あなた方は産児を制限するよりほかにない。これをいいたかったのです。もちろん、あなた方は産児制限をしなくてもふつう二十人以上を生むことはありません。「自然」があなた方の味方をして産児制限をやっているわけですから。けれど「自然」は、いつでもこういうふうにあなた方の味方をするものでしょうか。それどころか、「自然」は人間をもふくめてあらゆる生物に向って、「生めよふえよ」と命令しているのです。ですから自然のままに放っておくことは、あなた方がいくらでも子供を生むということなのです。ものごとは、極端なぱあいを考えると、はっきりします。「私には育てる能力があるのだからいくら生んでもいい」という考えは、すべての母親が二十人の子供を生んだとしたら、どういうことになるか、それを考えれば、じきにそのよしあしが判断のつく問題です。あなた方は健康にまかせて二十人生むべきではない。いや十人でも多すぎましょう、いや、いや、それどころか、その半分五人でも多すぎます。子供を生むことは、生理の問題です。ところが、子供を育てることは、心理の問題、神経の問題なのです。子供を次から次と生み、かつ育てることは、あなた方がほんとうに疲れきってしまうことです。身も心もクタクタに疲れきってしまいながら、しかも、その疲れた体と心でどうして子供を幸福に育てることができましょうか!面倒見が良いオンナはモテます。あなたも出会い系 サクラいない ←ここで頑張ってパートナーを見つけましょう。

FF041_L

子供は敏感

それにまた、子供というものは、そういう点でおそろしく敏感なものです。子供自身、自分が「アンウォンテッド・チャイルド」であったことを、いつのまにか感づいてしまいます。どんなに母親がこのことを子供にかくそうとしたところで、子供は本能的に自分の不幸な立場を知っています。「お母さんは、ほんとうはわたしを生みたくはなかったのだ!」子供がある日、こう感じたとしたら、これほど子供にとって暗いことがありましょうか!「私の人生は第一歩からのろわれているのだ」、かりに子供心にもぼんやり、こう感じたとしたら、これほど彼にとってつらいことがあるでしょうか。子供は、自分がよその子供のように愛されていないことを知ってしまいます。そして、子供はこの世が自分を歓迎してはくれないことを感づいてしまいます。子供はヤヶになります。お母さんをにくみます。彼は世間をのろいます。lこういう子供が、将来暗い運命をたどるようになることは、当りまえではないでしょうか。子供にとって母親を愛しきれないことほどつらいことはないと思います。子供を愛しきれない母規よりも、この子供のほうがもっともっとつらいだろうと思います。私は先日ヨーロッ・〈の女性の歴史に関する小さな本を読みました。この女の歴史のなかで、いちばん大きく取り扱われているのは、「嬰児殺し」の問題でした。「嬰児殺し」はどの時代にもきびしく罰せられました。それにもかかわらず、この犯罪はなくなるどころか、ふえる一方でした。いちばん嬰児殺しの盛んだったのは中世時代といわれています。ところで、これらの嬰児殺しの犯人はほとんどいつも母親自身だったのです。「どうしてお前自身の生んだ子供を殺すなどという残酷なことをするのか?」こうある母親に男がきいたとき、その母親は言下に答えたそうです。「こういうことは男の口出しすることじゃない!」嬰児殺し、それは母親の手によって行われました。殺された嬰児は「望まれざりし子供」たちであったろうと思われます。「望まれざりし子供」を殺すことによって、中世以前、中世の母親たちはいくらかでも彼女自身も女の苦しみから解放しようとしたものと思われます。「望まれざりし子供」は生んではいけない。第一は、母親自身のために、第二は、その子供のために…………これを読んでいれば、ここ→で、出会った人はあなたから離れられないかも。

FF040_L

恵まれざりし子供

できてみればやっぱり可愛いlこれは母親が自分にいってきかせるあきらめの言葉のように思われます。しかも、もしそういえるとすれば、}この母親は心のどこかで、その「恵まれざりし子供」に対して一種のつめたい感情をもっているに相違ないのです。ほんとうに待ち望んだものと、待ち望まなかったものと、このふたつのものに対する愛し方がちがうのはあたりまえのことじゃありませんか。

いまから十年ほど前、前後約五ヵ年間のあいだに、イギリスで児童虐待のかどで警察に送られた母親が六○○人ほどいました。この六○○人の母親たちは、なぜ自分の血を分けた子供たちに対しつらく当らずにはおられなかったのか?その主な理由をあげてみましょう。

1「望まれざりし子供」であったから…………二二七人
2りこうな子供でなかったから…………………………一二四人
3子供が多すぎたから。………………………………一四九人
4貧乏のために………………………………………………一四三人
5母親自身病的に残酷な性質であったから……二二人
6家庭が乱れていたために…………………………一○八人

あとははぶきます。とにかく、イギリスでは母親の児童虐待は「望まれざりし子供」に対するものが一番多かったのです。欲しいと思わなかった子供を生めば、いつの間にか、この子供につめたく当ることになるわけです。「ほんとうは、お前を生みたくなかったのよ」I母親が心のどこかでこう感じているとすれば、その母親がその子供を心から愛しきれないのは当りまえではないでしょうか。出会いはここに→出会いがない 社会人 いくらでもあるけど、出会った人といつまでも仲良くいられるかはあなた次第です。

FF028_L

母性愛と計画産児

欲しいと思わなかった子供は生むべきではない、なぜなら、そういう子供はほんとうに愛することはできないのですから。欲しいと思ってもいなかったのにできてしまった子供lこういう子供のことを英語ではかんたんに「望まれざりし子供」(アンウォンテッド・チャイルド)といいます。ところで、こういう重宝で簡単な言葉は日本語には見あたりません。日本語に、こういう言葉が見あたらないのは、日本人に、こういう考え方がはっきりしていないからだと思われます。それどころか、昔から私たちはこういっています。「もうこれ以上欲しいと思わなかったけれど、できてみれば、やっぱり子供は可愛いものだ」「どんなに苦しくても、子供だけはなんとかして育てていくものだ」つまり、日本の母親たちはあまりにも生来子煩悩なのでしょうか、それとも、子供を生み、かつ育てることだけを女のただひとつの生きがいとして教えられすぎてきたためでしょうか。あるいはまた、日本の男たちが子供を生みかつ育てる妻の立場に対して、あまりに思いやりがなさすぎたためでしょうか。とにかく、日本の母親たちは、心底は自分で欲しいと’三つの質問に答えるI思わない子供たちを次から次と生んで、あるいは生まされて、そして自繩自縛の苦しみをつづけてきたように思われます。欲しいと思わない子供は生まないこと-ここからのみ女性の解放と自由がえられるのだとサンガー女史はいっています。ここを読んだら、これからここ→結婚相談所 比較 で、出会う相手と上手に駆け引きができますね。

FF038_L

自分勝手な男

オンナの「避妊して」に、引くようなオトコとは別れろ!
今の時代って、きちんと避妊しないでSEXしちゃってる子が多いよね。「エイズ患者の数が増え続けているのは日本だけ」という事実を知らない子が多すぎる。
日本ってさ、不特定多数の人と成りゆきでSEXしたいと思っている人が多いから、エイズの数が減らないんだよね。
いくら「エイズ防止」といって街でコンドームを配っても、「避妊する」という習慣づけをしないと、エイズは減らないのに。
結婚後の生活で問題が発生し、解決しようとすると、また別の問題が出てくるかもしれませんが、←ここで相性ピッタリの結婚相手を見つければそんな心配は少しで済むでしょう。
とくに若い子たちは、不特定多数の人とSEXしたがるもの。オトコはとくに、欲望が抑えられないから、とにかく「射精したい」と思っている。
きちんとコンドームをつけてくれるオトコならいいけど、自分勝手なオトコは「ナマでやったほうが気持ちいい」なんて思って、避妊をしない人も多い。
だからこそ、「いざ、ベッドイン」ってなったときに、避妊しないで、挿入されそうになったら、「コンドームつけて」ときちんと言わなきゃ。
カレのペースに流されて「ここで、コンドームつけてって、言いづらいな・・・」なんて思っちゃ絶対にダメだよ!そういうとき、理性が利くのはオンナのほうなんだから。
今って「コンドームを持ち歩いているオンナ」に対して、悪いイメージをもっている人もいるよね。
オトコでもオンナでも、「ただのSEX好き」のようなイメージをもたれてしまう。でも、オレからすると、それは「当たり前」のこと。

DY131_L

自分勝手な男2

逆に、「キチンとしている子だな」って関心するよ。以前、オレの知り合いの女の子からこんな話を聞いたことがある。
「カレとはじめてSEXしたとき、自分が持ち歩いていたコンドームを出して、”これ、使って”と言ったら、カレにドン引きされちゃいました」と。
オレは、「そんなことでドン引きするオトコのほうがバカだよ!そんなオトコとは、とっとと別れたほうがいいね」と言ったよ。
そんなことで、引くようなオトコだったら、こっちから願い下げでいい。それにしても、自分勝手なオトコが多すぎると、改めて実感させられたよ。
結局、女の子側が自分で自分の身を守る意識をもつしかないのかもね。
結婚に悪いイメージを持っていても、一歩踏み出してください!から結婚相手を探せば、
あなたに合った探し方も探せるので不安や悩みも解決してくれるサービスを見つけられます。

アブノーマルなプレイを求められたら少しでも興味があるなら、ぜひやってみるべき!
もしキミが、カレにアブノーマルなプレイを求められたら、どうする?
「断ったら、嫌われちゃうかもしれない・・・」とか「カレにそんな趣味があったなんてショック!」なんて色々考えちゃったりする女の子も多いのかもしれない。
でも、キミが思う「ノーマルとアブノーマルのライン」って、どこなの?きっと、それは分からないという女の子がほとんどじゃないかな?
そもそも、どこまでが「ノーマル」で、どこからが「アブノーマル」なんて、結局、そのラインを引くのって、自分自身なんだよね。
もし、キミのカレに、「アブノーマル」だと思うことを求められたとき、キミ自身が少しでも、「やってみようかな」と思うなら、ぜひやってみてほしいとオレは思う。

DY134_L

女の子から槙極的に

だって、キミの新しい世界の扉を開くことになるかもしれないんだから。もちろん、「絶対にいや」と思うようなことだったら、きちんと断ろう。
それでも強要するようなオトコだったら、きっぱり別れたほうがいい。
「やってくれないなら、浮気するぞ」なんていうカレは最悪!自分の快楽のことしか考えてないオトコだね。
逆に、キミ自身が「SMルックを着てみたい。でも、引かれちゃうかな……」なんて思っているのなら、跨曙せずに挑戦してほしい。
でもたしかに、突然ボンテージファッションに着替えて、「SMしない?」って言っちゃうと、引かれちゃう(もしくは笑われちゃう)かもしれない。
だから、徐々にH系の下着に変えていくなどの「段階」が必要かもね。
「最近、下着が派手になったね」と思われる「前プリ」をしておけば、キミだって安心でしよ。
それに、女の子から槙極的に気持ちいいSEXの提案をするのって、オトコからしたら、かなりうれしいものなんだ。
もし、キミが「こんなことしてみたい」と思うプレイがあったら、恥ずかしがらずにそっとカレに伝えてみよう。
そうやって、お互いの気持ちを素直に伝え合うことが、愛を深めるコツなんだから。
コミュニケーションは大切です。←で、出会った結婚相手であってもコミュニケーションが出来ていないと幸せな時間は長くは続きません。

「カレのことが好きだからエッチをした」と女の子は、よく言うよね。でも、それは言い訳であって、本当は「好き」という自覚よりも、
「このオトコに抱かれてみたい」ってピンときたから、と言ったほうが正解じゃないかな。

DY144_L

理由もなくドキドキワクワクした経験

女性誌で「抱かれたいオトコ特集」なんて記事を読むと、別にランキングされている男性タレントの中身(性格)なんてことより、
そのオトコから漂ってくるフェロモンに対して、女性が理屈抜きに「この人に、抱かれてみたい」と思ったかどうか、が反映されていると思う。

オレが親しくさせてもらっているドクターの話によると、オンナは、そういった「フェロモンを感知するセンサーが、オトコの10億倍もある」そうだ。
これって、すごいよね。早い話、姿が見えない距離でも、「なんとなくイイ男がいそうなニオイ」(実際に匂うかどうかは別にして)を察知できるってこと。
人が大勢集まるようなパーティー会場やライブ会場、クラブなどで、理由もなくドキドキワクワクした経験は、誰でもあると思う。
そんなときはきっと、キミがカラダじゅうで「イイ男のフェロモンを嗅ぎとっている」からなんだ。
SEXに対して、すごく慎重だったり、引っ込み思案な子は、オンナ特有の「フェロモン察知能力」を封印している。
本当は「このオトコに抱かれてみたい」と、しっかりカラダではキャッチしているのに、
頭では「出会ったばかりで、そんなこと考えちゃいけないわ。もっと中身を知ってからじゃないと。それに、いきなりエッチをしちゃったら、遊びのオンナにされちゃう」
と、あとからいろいろ理屈をつけて、SEXのチャンスをシャットアウトしてるんだろうね。
夫婦間で問題が発生したら、このように解決までは精神的にも肉体的にも大変ですので、で、相性ピッタリの結婚相手を見つけましょう。
現代は、オトコもオンナもヘンに頭でっかちになってしまって、本来、人間がもっている「原子的な能力」を、どんどんそぎ落としてしまっている気がする。
なんだか、もったいないよね。もっと「最初にビビッと感じた相手のフェロモン」に忠実になることが、幸せなエッチにつながるんだと思うよ。

DY133_L