結婚後の出産

もちろん、よくはありません。第一に、そうでなくてさえ人口過剰で苦しんでいる日本の現状から。第二に、母親自身のために。第三に、つぎつぎと生まれてくる子供自身のために。医者のいうところによれば、健康なひとりの女性がその一生のうちに生むことのできる子供の数は二十人から二十五人までとされています。もしあなた方にじゅうぶんの健康があり、あなた方にじゅうぶんの経済能力があり、そしてさらにあなた方に子供はいくらいても多すぎるものじゃないという考えがあるとすれば、二十人から二十五人の子供を生むことができるわけです。そういうぱあい、あなた方は喜んで二十人以上の子供の母親となりますか?「じようだんじゃないわ!」あなた方はきっとこういわれるにきまっています。五人でも多いと思っているのに、二十人もいたとしたらどうなりましょう。¥ハカバカしいことをきくもんじゃない!確かに、そのとおりなのです。二十人の子供を生み、かつ育てる能力なんて、あなた方にはあり得ないのです。いいかえれば、ただたんに、子供を生むことができるというあなた方女性の生理的能力と、その子供をじゅうぶんな母性愛をもって育てることができるという能力とは別ものなのです。生むということは、育てるということではないのです。何人もの子供を生めるということと、その生んだ子供に対してよき母親であり得るということとは、ぜんぜん別のことなのです。あなたは

出典:安心 出会系

FF013_L